Products

複合酸化物顔料

50種類におよぶ複合酸化物顔料を一社でご提供。

複合酸化物顔料(CICP; Complex Inorganic Color Pigment)は2種類以上の金属酸化物を焼成して形成される無機顔料です。800℃以上の高温で焼成して製造されるため、焼成顔料と称されることもあります。
50年近い実績のあるトマテックカラーはその極めて安定な構造がもたらす耐熱性、化学的耐久性、耐侯性、更には安全性の高さをご評価いただき、プラスチックス、塗料およびセラミックスなど、あらゆる分野に用途を広げながら、国内外でご使用いただいています。

トマテックカラー

トマテックカラー 写真

複合酸化物顔料の結晶構造は15種類以上あり、組成の組合せは約50種類ほどあります。TOMATECはアジア最大の複合酸化物顔料メーカーとして多くの製品を取り揃えています。関連する法規制への準拠状況、各種技術情報のご提供など、一社一社のお客様との対話を大切にし製品提供に努めています。

主な用途:プラスチック、塗料、セラミックス、その他の着色

■お問い合わせ・資料請求

顔料事業部

06-6456-0010

優環境顔料

優環境顔料 写真

複合酸化物顔料は、安定な構造を有し、きわめて有害性が低い無機顔料です。しかしながらその組成中に一部の環境負荷物質や安全性に関わるクロム、アンチモン、あるいはニッケルなどを含有することは事実であり、これらを含まない顔料の要求が高まっています。
TOMATECではクロムやアンチモンフリーで、しかもPigment Brown 24(チタンクロムイエロー)と同系色の顔料など、環境負荷や人体への安全性に対して更に洗練された優環境顔料を独自に開発し、ラインアップしています。

主な用途:プラスチック、塗料、セラミックス、その他の着色

この製品の詳細は下記に掲載しております。

■お問い合わせ・資料請求

顔料事業部

06-6456-0010

遮熱顔料(近赤外線反射型顔料)

遮熱顔料(近赤外線反射型顔料) 写真

顔料は着色材として可視光領域の吸収・反射特性を利用するものですが、近年は一部の複合酸化物顔料が有する近赤外線領域の反射特性が強く注目されています。遮熱顔料は太陽光など、近赤外線による物体の温度上昇を緩和する効果があるため、塗料やプラスチックスなどに適用することで、蓄熱防止、冷房効率改善、熱変形、熱膨張の防止、製品寿命の向上などが図れます。また、クロムフリー遮熱顔料など充実したラインアップでお客様の様々なご要望にお応えします。

主な用途:水系塗料・溶剤系塗料への着色(外壁建材、屋根材などの住宅関連製品、家電製品など)

この製品の詳細は下記に掲載しております。

■お問い合わせ・資料請求

顔料事業部

06-6456-0010

レーザーマーキング用顔料

レーザーマーキング用顔料 写真

レーザーマーキング顔料をプラスチックおよびインキへ添加し、YAGレーザーを照射する事により、高コントラストで精細な印字を実現。顔料粒子がレーザー光を吸収し、顔料周辺の樹脂が炭化すると同時にマーキング顔料自体が黒色に発色します。樹脂の種類や基材の形状に関わらず少量添加で黒度が高く、精細(鮮明)な印字が可能なレーザーマーキング顔料です。

主な用途:各種カード・フィルム類への印字、家電製品・日用雑貨などへの識別用表示、食品包装用の消費期限などの表示 他

顔料自体がレーザー光により発色 TOMATECレーザーマーキング用顔料
顔料自体がレーザー光により発色 従来のレーザーマーキング用顔料

この製品の詳細は下記に掲載しております。

■お問い合わせ・資料請求

顔料事業部

06-6456-0010